liquid universe

「Je veux dormir pour toujours.」

24

自分の行動が、不安で仕様がない。
大げさだって言われるかもしれないけど、
本当にショックを受けている。
今、まさに。

(笑)ってつけとこ。(笑)

真面目で、きっちりした印象を持たれがちだけど、
その実、あたしは本当にぼんやりしている。
忘れ物も多いし、時間にもルーズ。
子供の頃から、なんとか規範内の行動をしようと心掛けていたけど、それは意識を強くしていただけで、無意識ならば、本来ゆる~い頭なんだ。
鈍くさいけど遅刻をしないのは、みんなの倍の時間かけて準備をしているから。
同時スタートならば確実にビリだから。オンタイムは無理だから。
人生で、周りの大人に言われた言葉で多いのは「シャキシャキ」または「テキパキ」動きなさい、だと思う。「スピードアップ」や「同時進行」ってのもあるか。
とにかく、遅いことや見逃しが多いことが自分でもわかっていて、できる範囲のことをしようと思っているけど。
急かされると、焦る。焦ると、ミスる。でも、直らない....。
周りは決して、いつも急かしてはいないんだろうと思う。平均を求めているだけかも。でもその平均的スピードさえ、ついていけてない気がする。
「確実さ」や「丁寧さ」も大事だとわかっている。何度そうやって(そういう言い回しで)他人にフォローしてもらったことか。しかし、それをメインに設定したところで、あたしにはそれもあやふやだ。仕上がりにも過程の綿密さにも、自信は全くない。

怖いのは、どんどん悪化している気がするってところ。
鈍くさいのは元々だけれど。
本当に、いろんなこと、よく忘れる。
人の話も、最初からまるで聞いてない場合と、聞いて忘れてく場合があって、後者が増えてる気がするんだよね。
「どうでもいいことは、自分の脳に必要ないと思って、勝手に忘れてくんですよ」って優しく言われたりするけど、1分前に自分が言ったこともう覚えてなかったり、昨日話してもらったことをメモまでとったのにそのメモ自体を忘れてるって、わりと重症じゃない?
不信感が募ると思うのだけど....。

今回、自分史上でわりと大きめのうっかりがあって、とてもショックを受けているけど、
実際なんとかなりそうだし、今のとこ誰も責めなくて、怒られてもいなくて、自分が恥ずかしい思いをするだけで済むだろうから、きっとラッキーなんだろう。
世の中には、もっと重大なうっかりをやらかしてる人もいるだろうし、そこまで気にする必要もないって、たぶん、あらゆる人に言われる。

でもね。密やかに、少しだけ、持っていた不安要素が、増強された気がするよ。
年月を重ねれば、少しは人並みに近付いているものだと思っていたのに、
その逆、よりかけ離れていくようだ、と。
結局それは感覚の話ね。

比較で成り立つ世の中で、平均以上であることに戸惑う必要はないし、平均きっちりなら上にも下にも伸び代があるということだ。平均以下であることは何もネガティブであれ、ということでなく、その数値なりの、その立ち位置なりの、有り様が在る、ということだと思う。

だから悲しいのは、マイナスだとかdownだとか悪化しているとか劣化しているとか、そのベクトルをネガティブなものだと、「怖い」と感じていることだ。
今まで一度もないミスをしたとか、今までできていたことができなくなったとか、そういう感覚が自分に訪れたと気付いて、愕然としている。
完璧主義なつもりはないよ。いずれはやらかしそうだなって予感もあった。
慌てふためいても、今回泣きはしなかったし、どっかでまだ余裕があるのかも。
「結果どうにかなるんだから、思いつめないで」と言われて、もちろん理解している。
ただし、パニック!な様子は隠しきれないね...。
今頃、無意味な緊張をしていて、当時ほとんど緊張感のない自分を振り返ってもう馬鹿としか言い様がない(笑)

怠惰、鈍くさい、ルーズ、のんびり、...
自覚?というよりもはや暗示。
どうして、と問うても、こうであるから、としか言えない。
自問自答も、自問他答も。

ああ、不安だな。
この世を生きていくのは。
時代の波とか、世間の波とか、人生の荒波とか、電波とか、
もう乗り切れないよ...。

 

広告を非表示にする