liquid universe

「Je veux dormir pour toujours.」

18

思えば人生苦しかったと思う。
忙しかったと思う。
カラダとか、置かれてる状況とかではなく、中身が。
こんなに甘えきって生きてきて何を言うか!という感じだけども。

考えて考えてその結果があるのかな
悩んで悩んでいつか答えを見つけるのかな
それこそ何も知らないのに、何故か良い方向の想像もせずに、
勝手に悶々として、晴れやかな気持ちになったことが、無い。

ちいさい頃からずっと抱いている疑問がいくつかある。
でも、それらを本当に知りたいの?と訊かれると、...別に、と思う。
一瞬の好奇心を持ち続けたまま、昇華せずにあるような。

わからないことを、丁寧に教えてもらうのが好きだ。
あたしは常々喋り過ぎてしまうけれど、話を聞くことも嫌いじゃない。
ただ、頭の中は廻り続ける、相手の言葉と自分の思考どれもこれもなんもかんも。

昔話。
学校の成績がわかりやすく下がったとき、
「ああ、やっぱりあたしは馬鹿なんだ。やっと証明できた。」と思った。
(まぁ、単に授業に出ていないから、もうそれはそれは知らないことだらけのテストだった。)
小学校、宿題をただただ忘れずにやっていたら、頭がいいというイメージに当てはめられて。
そういう風に扱われて、信じて、調子に乗ればよかったのかもしれない。
だけど、現実、違和感しかなく、大人になっても、自分のことを頭がいいと思ったことはない。
小説のような作文を提出することや、得意不得意が特別無いということ、そういうのは頭がいいのではなくて、ただ考え過ぎていただけだ。
実際、途中退場ばかり繰り返している自分が優秀なはずはない。
「なんでも先回りして人よりたくさん考えてしまうのね」と、仲良しの保健室の先生に言われた。
それは褒め言葉ではなく、ただ現状を表しただけ。

あたしはスピーディーな人間ではない。快活、とも程遠い。
どんだけ寝かせるんだっていうくらい決断は遅いし、ものすごく迷う。
でも、頭の回転が速い、と人は言う。
あたしと時間を共にした人は、ほとんど同じような言い方をしてた気がする。
そして、頭の中だけでストーリーが猛スピードで進行していて、自身の行動や現実は、何一つ動いていない、とも。
放っておけば、どんどん自身の内側へ潜っていく思考。
スピードも構造も違うのかもしれない。
それは、決して優劣ではなく、善悪でもない、ただ“そう”なんだろう。

人生の半分以上続けていることに、今更変革なんてあるのだろうか。
否、不変であるとも思えない。
考えることは止められない、ならば、内容を変えてみよう、そう努力しよう、と、あるとき思った。
でも矢印が、角度が変わっただけで、あたしは次第に辟易していく。
やっぱり根本的なものはある。どうして、とまた新たな疑念を抱く。

流れを一瞬だけでもいい、止めて、楽に息してみたい。
何も知ろうとしないあたしは、どこに行ったら捕まえられるの。

 

広告を非表示にする