liquid universe

「Je veux dormir pour toujours.」

7

 

いろんなところに手を出すけれど、

どこにも、きちんと顔見せせずに、終わってく。

浮気性で、ずるい性格だと思う。

 

子供の頃から、密やかだった。

表現したいという欲は人並み以上にあったのに、

現実に起こしたアクションは少ない。

いつも、密やかに、思っているだけだった。

爆発することもなく、

ただもくもく生まれてくる感情を、妄想を、

膨らませて膨らませて、そして静かに霧になって消えていく、

その様を見ていた。内側を見ていた。

否、今も見ている。

 

行動や理由を、オープンにできることは偉いと思っている。

衝動にせよ、何にせよ。

隠しても隠しきれない、溢れ出るものこそ本物、だとも思う。

だからこそ、いつも自分が疑わしい。

開いていても、閉じていても、その腕も口も疑わしいままだ。

 

欲しいものは一体なんだろう。

今にして思えばあの頃は楽だったんだ。

求めるものが決まっていた。漠然としながらも“終わり”だと決めていた。

でも、今はどうだろう。ノープラン。

ひとつひとつに理由を、つけようとすればたぶん、つけられるんだろうけど。

 

どれもこれも、どうしても必要、ではない以上、

あまり守ってやることができない。

すぐなかったことにしたくなるのも、またこの性格上。